お客様の声 ~木の家しあわせストーリー~

香芝市 N様

手が届く、ホンモノの檜の家

2014年築

吉野銘木お客様の声

「木の家」にこだわりたかったNさんご夫婦。
石橋を叩いて渡るタイプのご主人は、インターネットを始め多方面から情報収集され、吉野銘木にたどり着く。
はじめは「お金持ちが建てる家」のイメージがあったが、詳しく聞いてみると「手が届く」家である事を知る。
完成見学会での他のお客様宅にて、専門性の高い営業マンに「信頼できる」と感じてくださったご夫婦は、いま念願のマイホームで充実した日々を過ごす。

ダイニング

吉野銘木お客様の声

テーブルが置かれているちょうど上の天井が吹き抜けになっており、その南側の窓からは明るい光が差し込むダイニング。
吉野産檜の香りが満ち、解放感のある心地よい空間。
朝は家族揃って朝食を取り、夜はお風呂や食事の後にご夫婦でテレビを見たりしてくつろぐ場所となっている。

キッチン 家事台

吉野銘木お客様の声

クックパッドで料理の献立を見たり、インターネットで調べ物をしたりする奥様のためのスペース。
買い物から帰って来て一時的に荷物を置いたり、毎日の家事に役に立つ奥様お気に入りの場所。
この場所も担当営業マンの提案だが、それ以外にもコンセントの位置など、主婦目線のちょっとした提案にご満足のご様子。

収納

吉野銘木お客様の声

担当営業からの提案で作った入り口横の大きな収納。
提案時は玄関から入ってすぐの場所だったので、少し抵抗を感じた奥様だが、今は「作っておいて良かった」と大満足。
中の収納ケースから、幼稚園のお子様が自分で服を取り出して着替えをする様になったという。
家全体に収納が充実していて、目に見える部分に余計なモノが置かれておらず、非常にシンプルですっきりしている。

ご主人のお部屋

吉野銘木お客様の声

ご主人念願の自分だけの部屋、書斎。
テレビを見たり、ネットサーフィンをしたり、忙しい中にも自分だけの時間を楽しんでいる。
仕事の都合で朝勤、昼勤と勤務時間がばらばらなご主人だが、この家が出来てからは家に帰るのが楽しみになったご様子。
ご自身で棚を作ったり、庭いじりをしたり家にいること自体がリフレッシュになっている。