本社工場 優良材の代表ブランドである「吉野産材」

倉庫内では普通では見れない社寺建築用材、そして工場内では大径木の製材風景をご見学頂けます。
これは通常の木材会社や製材会社では見ることのできない、貴重な体験になるでしょう。

日本一が、近くにある贅沢。

吉野杉、吉野桧は強くて美しい木材。日本を代表する銘木であり、世界でも有数の建築材です。その強度は他の地域産より高く、粘り強さもあるため、数値以上の安心感が得られます。また、独特の色つやと香りは日本文化の象徴として人の心を魅了してきました。
吉野銘木は、それらの木を社有林で育て、工場内で適切に管理しています。当社工場には、毎年数多くのお客様が足を運ばれています。

育ち、が大切です。

当社工場は、世界遺産にも指定された吉野山から程近く、吉野川沿いに位置します。澄んだ空気、深い緑、鳥の声、川のせせらぎ。皆様のご自宅を支える一本一本の木が、どういう場所で生まれ、どう育ったかを是非ご覧になってください。その木とは、長いお付き合いになりますから。

妥協しない。プロの目で。

当社の扱う木は、全国の文化財や神社仏閣にも多数納材しています。その品質、検査、加工の工程では妥協せず高いクオリティのものを提供し続けています。いま、加工している木が、お客様が一生過ごされる大切なお住まいを支える。その思いとプロとしての誇りを持って、仕事に取り組みます。